無料
エロ
動画

大人のおもちゃを使ってみよう!

大人のおもちゃの体験談や紹介をしています

バイブレーターの使い方

バイブの選び方

バイブは、大人のおもちゃの中でも定番の商品といってもいいでしょうね。

バイブに興味はあるけど、本当に気持ちいいの? 膣に入れても大丈夫なの? という不安を持つ女性も多いでしょう。

こちらでバイブについての知識を得て、安心して購入できるようにしましょう。


初めてバイブを選ぶ時に重要なのは、自分がクリトリス派なのか膣派なのかを基準にしましょう 。

 
膣派の方


子バイブがなく竿部分のみのバイブは、深く挿入するのが好きな方、激しくピストン運動をしたい方に向いているバイブです。


機能はバイブ振動&スイングが基本になります。

機種によって、スイングパワーは異なります。初心者の方は、弱めのもの(利用乾電池数が少ないもの)を選ぶのがよいでしょう。

膣派の女性に向いているバイブ です。


 
 
膣派・クリトリス派の方


子バイブ付きのバイブです。


子バイブにモーターが入っているものと、入っていないものとあります。クリトリスへの刺激を楽しみたいという方は、子バイブにモーターが内蔵してあるものを選びましょう。

機能は子バイブの振動、竿部分のスイングが基本です。


Pスポット(膣奥・子宮の入り口)が感じるという方は、先端部分にもモーターが内蔵されているタイプがおすすめです。

クリトリス派、膣派のどちらにも向いているバイブ です。


 
 
Gスポット派の方


バイブの竿部分にパールが入り、竿のスイングと同時にパールが回転します。


回転するパールがGスポットを撫で回し、快感を得ることができます

パワー不足が心配なので、電池本数4本のバイブがおすすめです。


クリトリス派、膣派、且つGスポットも刺激したい方向きのバイブ です。


 
 
バイブ初心者の方


バイブ未経験の女性は、太いバイブを使用するではなく、初心者向けバイブを使用しましょう

直径3cm、長さ15cm程度の小さめのものから始めましょう


 
 
 
バイブの使い方

一人で使用する場合はローションを利用しましょう。
ローションは温感ローションがオススメです。普通のローションでもいいですがひやっと感じを避けるためです。



衛生面から、バイブにはコンドームをかぶせましょう

それでは、ローションをヴァギナにたっぷり塗り、バイブをこすりあてバイブも濡らしましょう。

本体のパワーは中程度にして、フリッパーがクリトリスにあたるまでゆっくりと挿入しましょう。

フリッパーはローターよりもピンポイントでクリトリスを刺激してきます。


 
前戯

バイブでクリトリスを刺激したり、入り口あたりをやさしく撫でたりしながら、十分に濡れ、入り口が膨らんできたら挿入してください
 
 
挿入

バイブレーターの先端を少し入れたら、「弱」にしてしばらくそのままにしておきます。なじんできたら、膣前壁に沿って奥へ進めて、Gスポットを探ります。
 
 
Gスポット

Gスポットは人差し指か中指を膣の入り口から奥へ、恥骨に向かって軽く押し付けるようにして、第二関節くらいまで進めると指先あたりにあります。

探し当てたら、途中から「強」にして刺激します。

感じすぎると潮吹きが起こる
 
 
ピストン

だんだんと中が緩んできたら、ピストン運動を開始します。

単純に上下にするだけでなく、浅く、深く、回して、引っ張って、コントローラーで強弱、回り方ををいろいろ変えて刺激します。

ピストン運動でオーガズムを迎えられることでしょう。
 
 
バイブのお手入れ

バイブを清潔に保つためには、使用時にコンドームを被せてましょう。

本体とコントローラとの結合部は水が浸入しやすいのでタオル等でコントローラ部と共に覆います。

コントローラがリモコンタイプのものは、本体の後ろの方の結合部分をタオル等で覆います。

洗い終わったら、しっかりと乾燥させましょう。





たとえば、バイブレーターにはこんな商品があります




リチウムローリングバースト
リチウムローリングバースト
  秋桜
秋桜
  Gスポットヨコヨコ
Gスポットヨコヨコ


さらに見てみたい方はクチコミ投稿率業界No.1 のアダルトグッズショップ:NLS


 

 

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
close